全規模に於ける、現在の空間構造を再構成する為の高齢者にやさしいデザインとユニバーサルデザイン

提供サービス :

 

高齢者にやさしい計画と設計およびコンサルティング

 

 

 

・バリアフリーデザイン、ユニバーサルデザイン、道標デザイン、減築・縮小戦略、モビリティ支援デザイン                     

・データマッピング、データ分析、データ科学

 

 

・認知症啓発戦略

 

カスタムデザインと既製品のコーディネート

 

 

 

・街路用家具、家庭用家具、オフィス用家具および景観用品、公共用家具、シニアケア用家具

 

(組み立ておよび分解が容易、メンテナンスが容易)、室内装飾器具、家具:椅子、机、テーブル、棚、ベンチ

 

 

・照明、道標

 

 

・インテリアデザインレイアウトとスペースデザイン

 

パートナーシップ、協業、そして協力

 

 

・使用中及び実施中のシニア製品およびサービスの適切性の評価

 

 

・共同制作、共同設計、委託デザイン

 

 

・シルバー製品、設備機器や特定の場所でのセンサー、モニター、Iotデバイスなどのスマート

 

技術製品の取り付けの為のデザインコラボレーションや統合コンサルティングと開発の

 

コンサルティングサポート

私達について:

私達は、最新の建築規制と履行されている関連移動円滑化規定に従って、高齢者や障害者の為の       「バリアフリーデザイン」「ユニバーサルデザイン」に基づき様々な用途の建物設計の確立した経験を持っています。

従って、私達は、様々な規模や国々で、業種や用途に特化した多様な種類の老いにやさしい解決策を提供する事が出来ます。
これらは全て、革新的で最先端の解決策の事例調査、高齢かと共存し前進する社会全体への細心を払った支援、更に、大学、研究機関、政府機関、協会、及び市民と共同で、高齢化および生涯にわたる研究開発活動を行う事で検証され且つバックアップされます

背景:

今日、多くの国々が、これまでにない規模で到来する高齢化の波と長寿に恵まれていると同時に、出生率の低下と経済全体に於ける働く世代の減少に直面しています。


この傾向は止むことがなく、今後何十年にも渡り上昇し、人口動態の変化や加齢に大きな影響をもたらします。それは、より質の高い生活、健康と暮らしそして市民権、続いて、概して、社会全体や社会介護、とりわけ、経済、都市、地域、建物、社会システムに重くのし掛かります。
このように、私達は、多彩な期待と主観的な感情や習慣を帯びる高齢化への備えと適応を求められています。


更に、高齢人口は、主に認知症、糖尿病並びに日常活動の為のあらゆる身体的障害を誘因すると考えられています。孤独、分離、存在感の見えなさ等の悲しい経験の症状は言うまでもありません。それは、退職した高齢者だけでなく、社会全体で積極的な役割を担う貴重な活動者で構成されていますが、様々な規模に於ける現状の構造に辛抱出来ません。


その一方で、シルバーエコノミーは、未だ頻繁に高齢者の為の市場と定義されてますが、年齢の関係のない経済や多世代社会、ユニバーサルデザイン、続いて、人々の多様性や障害者とセットで製品/商品やサービスの適切性を取り扱う必要があるでしょう。


これら全ては、既に確立した機関の広範な統計で注目される傾向がある、都市居住者や都市化などの問題のような、決まり文句に関係しているだけでなく、問題に関して差し迫った介入が必要な地方や郊外の高齢者にも関係しています。

私達のアイデアと異なる規模でのアプローチ :

私達のアイデアは:

 

長寿、健康、幸福、回復力そして持続可能性は、将来のシルバー世代への参入者や障害者そして、そのアイデアの直接的または間接的な受益者である多様な社会的地位にある人々を考慮してさえも、年齢別および多世代別の両方の方法で、高齢者とシルバーエコノミーに対処し、挑戦すべき主要で複雑なテーマであります。

 

そのため、私達は、製品やサービスに関連する様々なレベルで知覚された根拠に基づいた包括的なデザインをもたらす関係者および活動者の積極的な参加を通じて、意図した仮説アプローチや設定に関する新しい適切性や高齢化への標準的なデザイン回答のレパトリーを再検討します。    

   

更に、スマート技術、自動化、ロボティクス、データ駆動型慣習等の技術と革新的なサービスの目覚ましい進歩は、装置から、住宅、建物、近隣界隈、コミュニティ地区、都市、町、地域等の様々な規模に於ける介護産業、インフラや建物等の多くの業種での既存製品、新製品そしてサービスに益々浸透しています。

 

上記のテーマの高齢者の問題に挑戦する為に、高齢者にやさしいデザインと高齢者にやさしい原則が, ステークホルダーの間で適切な関係を作り出し、関係する空間を再構築し、実用的なモデルやソリューションを製品やサービスの形で提供する デザイン介入とアクションと云う役立つ方法論として使用されます。

高齢者に優しい介入を行う高齢者に優しい都市および地域:

・バリアフリーデザインやユニバーサルデザインの形でのモビリティやアクセスのような基本的な問題に関して、都市および地域計画の実務者としての創造的な介入。


社会の法的で規制的な枠組みの中でスマートシティとエコシティを組み合わせた都市、郊外及び地域の発展。

高齢者の主観的な感情を根拠としてさえ考慮して、ユーザの空間や、不快な行動に繋がる障壁や障害物に対する隠れた関係を視覚化する、多彩なドメインやトピックに関して感想収集およびマッピングによる現状設定の見直し。

そのようなドメインごとの、又は、主題フォーカスマップは、国勢調査若しくは指摘と一緒にデータベースとして在庫され、異なる階層でソフトまたはハードの情報をもたらす。

最後に、この介入は、空間的並置としてデータの異なる階層の空間的関係の大きな意味合いを生み出し、これまでの設定と新しいものに疑問を投げかけ、検証し、さもなければそれらを良質な時代に相応しいものに変換する。

高齢者に優しい建物:

バリアフリーデザインとユニバーサルデザインに於ける空間の生成

 

・身体健常性、精神状態、そして生産性にインパクトを持つ高齢者にやさしい職場や快適な空間に向かう、介護施設、快適さや異なる身長に対応した公共空間、高齢者の移動障害、認識力の弱体、高齢者にやさしく楽しい職場に対しての介護者や多様なユーザーのニーズの再考                                                                  

 

 ・照明、音響 及び人間工学についての異なる空間的要求での設計

・健康管理および健康管理を伴うスマートテクノロジーやバイオメディカルアカウントの関与

高齢者にやさしい住宅:

ファミリーホームから介護施設、グループホーム、介護施設、老人ホーム等の高齢者の幅広い範囲の生活空間。

 

・上記施設の於いて、健康と快適さに関する移動障害と身体的な強さそして住居や地域社会への社会的参加に適応した空間的要件について再考する。

 

スマート技術と電化製品そして利便性・快適性を有した住宅内介護機器の関与。