ショーケース

以下のプロジェクトは、複数の大学の研究室、国際的な研究機関、民間のメーカーやコンサルティング会社、構造エンジニアリング会社、左官そしてコントラクターの協力を得て設計されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>>プロジェクト詳細

この計画系プロジェクトは、人工的なインフラと自然資源を考慮した、交通システム、ゾーニング、環境や気候要因、サイトファブリックそして歴史的土地利用等の動的な都市の要素に基づいた既存若しくはプロポーザル上の当該計画地周辺(ロンドン南部)都市の分析により構成されています。

 

そのうちの幾つかは、地理情報システム(GIS)のマッピングによりプロットされます。

 

更に、ボロノイ図エージェントのような発現的分散型モデルが、当該計画地の空間的組織と

ファブリックを探求するために採用されています。 

 

それらは、アーバンプロジェクトの分析ツールやシミュレーションの大部分に於いて、洗練されたコンピュータソフトウェア用に既に使われているモデルであるだけでなく、解析エリア付近の重要だが認知されていなかった要因の若しくは動的な現象を視覚化しています。

 

これら全ては、ローカルコンテキストに関連した、新規の若しくは出現した空間構成を形成する事に至り、そして、介入が必要である策定に貢献しています。

 

See more: http://www.scribd.com/doc/74143121/Allsite-Studies secret_password=1ilnr3quiu7d3o54x077

>>プロジェクト詳細

バルセロナの都市ファブリックは、主に北部の山と南部海辺エリアそして都市化された資産によって特徴づけられていると言われています。

 

ヨーロッパの主要な観光地の一つとして、都市景観と都市計画は、非常にデザインを重視しています。そして、その都市景観が ''エンサンチェ セルダ'' と呼ばれる格子状街区や文化的資産と土気色のある素材(セラミックス)と石によって特徴づけられる文化建築資産を伴うことが奨励されています。

 

このプロジェクトは、どのように都市が持続可能でなければならないか?又、どのように、アメニティスペースが人工的な景観要素からだけでなく、エンサンチェ セルダ内地区でミクロ生態系と環境にやさしい快適さを創造する事が出来るように、地元産の植物や樹木などの生態的要素から構成されるべきか?についての先見的な提案であります。
 
住宅棟は、三角形の計画地に位置しており、オリエンテーションや5つのパターンのインテリアレイアウトそしてアクセス階と1階にあるオフィス、商業スペースから構成される長方形ブロックの形態類型の建築利用が考慮されています。

 

実験的に、これらの棟は、それぞれが、ファサードに奥行きを付加する為の凹凸効果や曲線的な間仕切り壁そしてRCのグリッドフレームを絡めた独自の範例的デザインを有する、相違するファサードシステムにより覆われています。

 

更に、各棟の屋根レベル(RF)は、周辺地域と緑のつながりが出来るように、緑の芝生で覆われ、歩行可能エリアになっています。

 

See more: http://www.scribd.com/doc/73827108/Residencia-Simbiosis-Con-La-Naturaleza?secret_password=twdodbwuw1eefjeoab7

 

 

>>プロジェクト詳細

 

計画地は、幾分、いづれの場所でも若しくはネウトラルな場所になるように設定されています。

計画は、地域で相異するマクロなサイト条件に関係なく行われています。

 

不規則な空隙によって特徴づけられる家は4階建で、その最高高さが約10mであり、非常に高密度エリアに於ける低エネルギー消費であるパシブシステムと環境デザインを考慮して計画されています。 

 

遺伝的アルゴリズムは、建築計画や条件である幾つかの策定したルールにより、建築ボリュームを生成する事に使用されています。 

 

それらのルールは、トレードオフ理論を考慮して複数の折り合いをつけた制約条件としています。

 

従って、最終的に、子孫のオブジェクトが作成され、その中から、設定条件に於いておそらく、最適な子孫オブジェクトの1つが選択され、その選ばれたオブジェクトが最終的な住宅に変容します。

 

スケッチアップが、ビルディングインフォメーションモデリング(BIM)に関連する要因に基づいて、抽象的なモデルを最終の3次元建物のモデルに変換するために使用されています。

 

このプロジェクトの主な特徴は以下に記載のとおりです。:

 

-内部と外部の両面でライム(かセメント)での版築仕上げに挟まれた壁式鉄筋コンクリート(WRC)。
 

-正面玄関側は、垂直方向と水平方向のスリットと共に北側に面しており、南側の部分は、原則、周辺の建物に囲まれていますが、自然光と外気取り入れの為の大規模な開口部を有しています。

-開口部フレームは、エコロジカル素材の徹底的な利用を追求しながら木合板で作られています。

-重複若しくは合成された内部ボックスは、ラウムプランアドルフ ルーズの少数スペースに基づいた明確な空間構成や家間取りを作成する為に、ステップつきのスペース、部分空間、面積に含まれない収納スペース、開放性そしてスリットを作成する事を誘発しています。

 

See more: http://www.scribd.com/doc/73826478/eco-haus?secret_password=2jsxsmf73lvt9yzasbpv

>>プロジェクト詳細

このプロジェクトは、イーストロンドン ドックランドエリアの終端ノードに計画されています。

 

私達のメッシュ面のオブジェクトは、遺伝的アルゴリズムによって作成され、上記エリアでプロットされたバスゲートプロトタイプに変換されます。

 

この学際的なプロジェクトの主な特徴は以下に記載の通りです。

 

-イーストロンドンエリアは、かつて英国の歴史の中で最も顕著な再生プロジェクトが実施された場所の一つに該当し、多様な形状を帯びる豊富なインフラに恵まれ、2012年オリンピック大会を招聘しました。

 

-もともと、メッシュ面のオブジェクトは、オックスフォード大学のコンピューターサイエンティスト、リチャード ドーキンスによって理論化されている一定の条件の下で調整が可能な、曲線若しくはブロブそして生物的生体図を表すために重要な概念であるボディープラン、連続的断面計画と制約型遺伝的アルゴリズムによって生成されています。


最終的に、それは、バスゲートの交差した構造メッシュのような、より構造的に強い形で作られた表皮に変換されます。

 

-メッシュ面のオブジェクトは、制約遺伝的アルゴリズムにより生成され、とても素晴らしくフィットしたオブジェクトを生成する為、様々な制約や合理的な居住空間感覚でテストすることによって生成されています。

 

-曲げられた鋼管やニオプリンシートは、構造部品や表皮被覆材用に使用されます。

 
それらの全てについての材料研究は、主要鉄鋼メーカーのコンサルティング部門曲げ加工メーカーそしてニオプリンシート業者との産学連携により行われています。

 

よって、表面張力、構造システム、曲げの程度は、実現可能性を踏まえて計画されています。更に、全ての関連装置は、それらのチューブに埋め込まれます。このように、モノコック(構造表皮一体型)表皮が計画されています。

 

-このプロトタイプを作るプロセスは、CAD/ CAMプロセスに基づいています。

 

このプロセスで、私達は、設計と製造のシームレス又は重複するプロセスを統合しながら作業を行う事を 経験致しました。

 

See more: http://www.scribd.com/doc/45743714/Bus-Gates-Prototype?secret_password=16poj2nwiddvbm7evf86

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>>プロジェクト詳細

このプロジェクトは、私の研究活動に於ける アリ アルゴリズムの建築アプリケーションの第一テスティングになります。


アリのアルゴリズムは、建築分野に於いて興味深い空間構成と形態を生成する事に非常に効果的であると考えられている、分離、整列、凝集や跳ね返りの属性を有する社会性昆虫や協調型動物モデルのアリのモデリングとシミュレーションを行使するコンピュータアルゴリズムの事であります。

 

更に、エイジェントが、その他のエージェントや、環境や条件と、局所的に相互作用する群れ知的エージェントの固有の属性に起因します。

 

これら全ては、とても興味深い建築オブジェクトを生成するのにとても効果的な概念であります。

 

プロジェクトの主な特徴は以下に記載の通りです。

-大学の建物群は、アクセシビリティー、環境要因、人間の動作やユーザーの要求と云う、動力学的都市要因を考慮して実験的に生成されています。

-策定された規則と制約型アリアルゴリズムは目に見えて自己組織化した抽象的建物モデルを生成する為に約一週間、毎日長い時間に渡って実行されました。

-環境や建物の特性の解析に基づいて初期に定式化された規則は、パシブシステムを有する最終的な建物モデルに変換され、かなり最適な建物計画案を生成する事に貢献しています。

-収集または重なったボックス(エージェント)の実行は、非常に興味深い空間組織や建物ブロックの形態を誘発することが出来ます。

-抽象的な建物ブロックで作成された空隙又は高密度クラスターのような大きな特徴は、肺のようなボイドや最終的なビルディングブロックでの特定のプログラムに該当するようなキーとなる空間を形成する事に貢献しています。

-最終的なビルディングブロックは、完全に低エネルギー消費で環境に優しい設計で生成されています

>南側の開放性と北側に於ける比較的少ないガラスエリア。
>トップライトや採光と換気をセンサーにより自動制御するライトシェルフ。
>持続可能なRC壁と高い熱容量を持つRCスラブ。
>通風や混合換気のような自然換気。

使用される照明器具や機械設備は、低エネルギー消費ランプ、生成されたヒートの再利用であります。

 

See more: http://www.scribd.com/doc/58222403/Green-University-Building?secret_password=fbtc6y3ujnhw1zuh1qr