1st stage グッケンへイム ヘルシンキ デザインコンペ (フィンランド共和国、ヘルシンキ市)

施主:ソロモン グッケンヘイム美術館
チーム: アトリエ エムエフマーク
使命: 美術デザイン美術館デザイン提案
延べ面積: 12,500 m² コスト総額:130M (税抜き)
フェーズ: コンペ、第一フェーズ
年: 2015
場所: フィンランド、ヘルシンキ

プロジェクト概要:


私達の提案するグッケンヘイムヘルシンキは、フィンランド、ヘルシンキにある公共建築物に関連したランドマーク美術館で持続的な現代建物デザインに基づいたバイオ経済をなすイノベイティブで異分野横断型のアートデザイン美術館であるよう設定されています。


開発地は、正に、長い歴史を有する文化資産と島、海、緑地、気候と云ったような自然資産の境界線上の港町にあります。


異なる角度での切断面や空洞が付帯した楕円形の空間は、多方面からのちからが集まりそして凝縮し異分野に跨るピンからきりまでのエレメントを発します。


プロジェクト自身は、ヘルシンキに於ける港の再開発の枠内あります。従って、その再開発から収集された場所の特性を考慮して計画されています。


都市計画上、本プロジェクトは、歩行者や自転車交通のような意図した都市要素をそれらのルートを保障する事により連結して強化します。


更に、美術館と公園の間の新設された歩道橋をつくる事により、他の公共文化施設から美術館への安全なルートがライバシアンカツ道路を考慮せずに保障されます。


本プロジェクトの為の歴史的なウォーターフロントのしつらえは、港機能の為の新しいクラスターを構成する活性化されたゲートポイントに変容します。


従って、私達の提案は、既存ルートを連結出来き、ハーバーから歴史的な中央街区や

適切なセットバックやオープン空間付の公園へ通じる歩行者の行程を創造します。


バイオ経済型のサステイナブルデザインは、外側の仕上げから内側の仕上げそして

他の部位に於ける美術館の複数の部位にふんだんに使用され、又現地で伐採された木材により視覚的に特徴付けられます。


更に、運用中のエネルギー消費は気候デザインや現地での潜在的なエネルギー消費

を考慮しています。


そういうものとして、エコロジカルフートプリントは小さくなり、現地経済は押し上げられ、更に、環境に優しい公共プレースへの社会的統合が確保されます。


地階なしの3層の提案は、費用効果のある建設を可能とします。


他方、都市景観は、美術館の高さが23m若しくは26m(もし他の機械設備が含まれるなら)であると云う事でここち良く見上げられます。


屋根の輪郭は、傾いて不ぞろいであり、浸食による亜鉛屋根は背後の歴史的建物と調和した時間の流れのセンスを与えます。


大方、今までのランドマークや象徴的な建物は、ヘルシンキ内部の都市化されたエリアに集積しています。


本プロジェクトは、それ自身、新しい種類の再開発であり、視覚的に内部化された部分より、街の広範に開かれています。

屋外同様、提案された美術館の内装は、サンドウィッチ上に挟まれた平板や傾斜した壁でミックスされた’’ホワイト楕円形空間’’により特徴づけられます。


更に、鑑賞者が展示物を照らす為のLEDスポットライトと共に方向性を持てるように、屋内照明システムは、天井に線上に配置されます。

 

View Masataka Fukui's profile on LinkedIn