小学校増築コンペ、スイス連邦、グレテレンス町

2014年3月

施主: デレイポルタラルバン、グレテレン市
チーム:
アトリエ エムエフマーク

使命: グレテレン市の学校施設の増築のデザイン提案
延べ面積: 2,794.94m2 コスト総額: CHF 7'000'000(税抜き) フェーズ: コンペ
年: 2014
場所: スイス連邦、フリボーグ、グレテレンス市


グレテレンス町は、ノーシャテル湖に隣接しスイス連邦の北西に位置します。

プロジェクトは、既存建物に隣接する小学校の増築であります。

 

パビリオンのように配置された全棟の立面は、それ自体雨樋として機能する傾斜した屋根や木製フレームやパネルにより特徴づけられます。

 

各棟の相違なる高さは、形状により弱められ又、山岳地帯であるグレテレンス周辺に暈かして溶け込みます

 

各棟の立面は、周囲にまとまりある存在感を与える為に木製板で特徴づけされた単一面を備えます。

 

同時に、全ての立面は、方位、北東や南西からの風向き、西側のメイン道路から玄関までのアクセス距離のような環境要素を考慮して計画されています。

 

例えば、北側に面する全の立面は、上部のガラス部から自然採光を得て、学期間に、均一な照明を提供します。

 

東側や西側に面する立面は、主たる風の方向に於いて、制御装置付ルーバーを通じた自然換気を容易にします。

 

南側の立面は、外が見えるような木製の開口部や内部に入る自然光を調節する庇を有します。

教室棟は、町内ホールそして道路やスポーツグランドを離隔する管理棟の背部にあります。

 

表皮は、亜鉛屋根という、100%リサイクルされ、有力な天然素材である持続的素材で構成されています。又、近隣の自然環境や季節の移ろいに合わせて時間の経過と共に古びる美的感を与えます

 

更に、表皮は、傾斜面により少ない雨樋と共に、雨水を下降させます。

環境穴付の壁は、コミュニティースペースやホールや内部庭のような接続点に配置されて

います。

 

特に、機械室の壁は、2つの穴により特徴づけされます。1つは、自然採光用、もう1つは、換気風用で構成されます。

 

これらの散りばめられた穴は、興味深く多様な造形を創造する為に立体射影の概念に基づき創造されています。

 

球面幾何学を呈する穴は、アルゴリズムにより平面(壁)と角度を変えて配置された円錐とによる交差部位に射影されています。

 

簡潔に言うと、

 

射影 若しくは リーマン球体は、平面上の1点の1つの私的球体を表す事が出来き、視点の地平線の直感的な考えもモデルする幾何学の1つの分野である射影幾何学に関連して射影形状の相変わらない属性を表します。(wiki)

ベーシック幾何学と比較して、射影幾何学は、射影空間を有します。

 

View Masataka Fukui's profile on LinkedIn